ブルーイングJourney

交通事故を減らす為に事故防止習慣と銘打って様々な活動がなされていますがその取り組み期間だけ実行するのではなく、車に乗車する際は必ず事故に遭わない為の対策をうつのがドライバーの義務であるといえるでしょう。

まず体調がすぐれない時や睡眠不足により体が疲弊している時などはなるべく乗車しないのが望ましく、これを無理して運転すれば事故を起こす可能性が増してしまいます。

他にも交差点での出会い頭の事故が圧倒的に多く、交差点に進入した際はより気を配り運転する事が事故減少に繋がる鍵といえます。

交通ルールを守るのはドライバーにとって当たり前の事ですが法定速度を超えて走行してしまったり、一時停止が必要な所で怠ってしまったりと悲しい事ですが数多く見受けられます。これらの事は事故の原因の上位を占める行為で道路交通法違反に問われる為、絶対にやってはいけない行為です。

急いでいる時など犯してしまいがちですが、時間にゆとりを持って安全運転を心掛ける事により事故防止に繋がる事がいえます。

車やバイクを運転している人であれば誰しも必ず少なからずリスクを背負っているのが交通事故といえますが万が一起こってしまった場合の対処方法を頭に入れておく事で気が動転せず正しい判断が出来る事と思います。

まず第一に行わなければならないのが怪我人の確認であり、症状に応じて救急車の迅速な手配も必要となります。

次に当事者同士で解決しようとすると後々、問題が起きる可能性が生じる為、警察に通報して指示を仰ぐのが有効な手段といえるでしょう。

そしてもう一つ重要な事が相手の免許証を確認する事です。相手の連絡先、氏名、登録番号等をメモして控えておけば後に修理代金請求となった時に逃げられるのを防ぐ役割があります。

次に保険会社に連絡する事も忘れてはいけません。事故に遭遇してしまった時に備える保険なのですから申し出なければ保険料を支払っている意味がなくなってしまいます。

このように段階を追って対処方法を実行する事によりトラブルになる確率を下げ、新たな問題を生じにくくさせる役割があります。ですから後日、相手と修理代金や過失について争わない為にもその場できちんと解決する必要があるといえるでしょう。